おすすめ情報 ランキングSite

役に立つ幅広い情報を配信します。

*

魚の骨がのどに刺さった時のとり方!

      2016/10/19

 

魚の骨は大きい骨と小さい骨がありますが、この大きな骨がのどに刺さった場合は実際に経験して見ると解りますが非常に焦ります。

子供の場合だと尚更焦るものです。何故そんなに焦るのと言われれば、痛いからです。

喉に違和感を感じる男性

のどに違和感もあり大げさですが、もう絶体絶命です。

鰻の小さい骨が刺さった場合でもこのような有様です。

もっと大きい、特に鯛の骨が刺さった場合は大変です。

鯛の骨は鰻と比べても解かりますが太いので、のどに刺さると出血もありますし痛みもあります。

そうなった際、焦りから自力で取ろうとする方が多いと思います。

しかし、とり方を間違えると症状の悪化を招く事にもなるので正しい知識を身に付けることが重要です。

では魚の骨が、うっかりとのどに刺さった時のとり方について、まずは正しい知識を身に付ける為に間違ったとり方からご紹介します。

スポンサーリンク

魚の骨がのどに刺さった場合の間違ったとり方

ご飯を食べる大人

魚の骨がのどに刺さった時には、ご飯を丸飲みにすればよいと、聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。

しかし、この方法は間違った方法です。

丸飲みしたご飯が、刺さった骨を押し込んでしまい、さらにのどに深く刺さり、悪化させる可能性が高い方法だからです。

最悪の場合には、その傷に細菌がついて、化膿してしまう場合もありますので、絶対にご飯の丸飲みはやめましょう。

 

魚の骨がのどに刺さった場合のおすすめのとり方

病院

魚の骨がのどに刺さった場合、とり方として1番のおすすめは、やはり病院へ行って取って貰う方法です。

大人になると、子供の時と違って恥ずかしいかもしれませんが病院にいくことでのどの痛みや違和感を解消する事が出来ます。

病院はどこがおすすめ

その場合の受診科は、耳鼻咽喉科となります。

病院では、長いピンセットを使って骨を抜いてくれます。さらに、奥の方であれば、内視鏡を使って抜く場合もあります。

骨を抜いた後は、しばらく痛い場合もあるのですが、数日で痛みはひきますし、症状によっては薬を出してもらえる場合もあります。

魚の骨がのどに刺さって痛いけど病院にいけない場合のとり方

前述しましたように、耳鼻咽喉科を受診するというのが1番なのですが、夜間であったり、どうしても仕事などで病院へ行くことができない場合のとり方について、ご紹介します。

小さい骨がのどの手前の方に刺さった場合には、自然と抜けることも多いので、食事をやめてしばらく様子を見てみるというのも、方法のひとつです。

その際には、何度かつばを飲み込んでみましょう。

喉に違和感がなくなれば、刺さった骨はとれています。

痛くて水を飲むことすらできないといった状態でなければ、しばらく様子を見ていると、自然に抜けることは結構あります。

 

魚の骨がのどに刺さらないようにする為の対策

魚の骨

そもそも魚の骨が喉に刺さらないように、魚を食べる時には、1口を小さ目にして、骨を取り除いてから、ゆっくりと食べるようにすることが大切です。

しかし、骨を取り除いたと思っていても、小さい骨は誤って口に含んでしまうことも多いです。

その場合は、口から取り除くまたは歯で細かく骨を噛み砕く必要があります。

「小さいから大丈夫だろう」は危険で鰻のような小さい骨も喉に刺さりやすいので注意が必要です。

このようなちょっとした予防策をとることによって、魚の骨が喉に刺さるようなリスクを回避することができます。

また、骨が刺さりやすいといわれる魚は、

  • サバ
  • イワシ
  • サンマ

などとなります。喉に骨が刺さった時に、刺さっていそうな場所を意識しながら、軽くうがいをしてとるという方法もあるのですが、勢いよくうがいをしてしまうと、出血する場合もありますので注意しましょう。

あくまでも軽くうがいをすることがポイントです。

特に、鯛の骨は太いので、出血する場合も多く、鯛の骨が刺さった場合のうがいには、特に注意するようにしましょう。

 

魚の骨は犬にも危険

元気がない犬

人間に限らずペットに魚の骨を与えてもいけません。

特に犬などには魚の骨を与えてはダメです。犬は骨を飲み込んでしまいます。

そのせいで内臓が傷つき食欲もなくなり、最終的には病院での手術によって骨を取り出す事にもなり非常にかわいそうです。

人間と同じで犬も内臓に魚の骨が刺さるので、飼い主はそうならない為にも犬にはドックフードを与える事です。

 

最後に

 

喉があまりにも痛くて、ツバを飲みこむことすらできない場合や、明らかに出血している場合には、放置しておくと症状が悪化する可能性がありますので、近くに耳鼻咽喉科がない場合には、救急外来を受診されることをおすすめします。

スポンサーリンク

関連コンテンツ

 - 医療