おすすめ情報 ランキングSite

役に立つ幅広い情報を配信します。

*

いじめ防止標語の作り方の一例

      2016/10/09

 

いじめ防止標語は学校の宿題などで出されたりすることが多いと思います。

標語などは、普段あまり関わることがなく、作り方を知らない人にとっては苦痛です。

自分で思いつく標語は、たいていの場合誰かと被ることが多くオリジナリティーが全くない標語に仕上がります。

そこで、いじめ防止標語の簡単でしかも、オリジナリティー溢れる作り方を紹介します。

スポンサーリンク

いじめ防止標語の作り方の一例について

 

いじめ防止標語に限らず標語というものは、キーワードの並び替えで出来ています。

キーワードというのは、

「いじめ、いじめ防止」などの言葉、単語のことです。

これらを複数ピックアップすることにより、今まで苦痛だった標語の作成が比較的楽になり更に質の向上にもつながります。

keyboard-621832_640

いじめ防止標語

キーワードの例「挨拶、言えないぞ、いじめ、SOS、救われる、何気ない、一言」

作り方の例「SOS、いじめはないと、言えないぞ」「何気ない、その一言で、救われた」

このように、キーワードを選び、組み替えれば標語が出来上がります。

 

いじめ防止標語のキーワードと一例

 

ア行~ナ行までのキーワードの一例を紹介。

ア行

「挨拶で、あいさつは、あきらめず、貴方の勇気で、相手が嫌なら、アンケート、いじめ防止、イジメるな、いじめは止めよう、いじめや差別、うるさいうざいは、打ち明けて、受け止めず、SNS、SOS、笑顔で、偉い人、遠慮なく、大騒ぎ、大きな心で、おかしいよ、恐ろしい、お金を渡す」

 

カ行

「悲しくて、悲しいな、かわいそう、家族に話、家庭では、確信犯、変わろうよ、気持ち悪い、今日もまた、今日からは、休暇取り、休憩時間、給食で、気付かない、気付いてくれない、気軽な関係、共犯だ、悔しいな、結論は、けなされて、声かけで、ごめんねが、心の叫び、心が叫ぶ、言葉のイジメ」

 

サ行

「最悪だ、最低だ、再開し、差別をなくす、真剣に、心配だ、新任教師、心身共に、自分がされて、自分なら、自分はしない、ストップ、ストレスで、絶対に、精神的な、先生が、生徒から、相談しよう、その気持ち、その一歩、そこまでは、」

 

タ行

「立場になって考える、大切な、楽しいの、助けよう、助けはいらない、他人事、ちょっとした、ちょっと違う、伝えよう、辛いこと、伝えなきゃ、転校で、転校生、手紙には、手帳に示す、友達と、友達に、透明に、遠くから」

 

ナ行

「なくそうよ、泣かないで、泣きそうに、情けない、仲間といっしょ、仲間って、仲良くしても、内緒ごと、逃げ場ない、日誌に記す、日記に残す、逃がさない、人間関係、人気者、日直で、根っからの、能天気、熱血教師」

スポンサーリンク

いじめ防止の対策記事を読んで標語を作成する方法

 

下記で、いじめ防止標語と学校での採用例についての記事を紹介します。

いじめ防止標語を作成する上でも非常に大事なことです。

また、この記事を読むことによってオリジナリティ溢れるアイデアが浮かぶこともあります。

記事に含まれるキーワードをピックアップするのも良いでしょう。

では、紹介していきます。

 

いじめ防止標語と学校での採用例

boy-160168_640

全ての子供が被害者および加害者になり得る内容となるいじめは、教職員をはじめとする大人が未然に防ぐような対策を真剣に考えていくようにすることが重要です。

生徒たちが安心して誰かに相談を持ち掛けることができるような機会を増やす取り組みも関連しており、こういった作業の積み重ねがやがてはいじめ防止につながっていきます。

各学校で過去の事例やルールを参照しながらこれからのことに取り組めば、互いを認めることができる良好な人間関係の構築も十分可能になります。

まずは基本的な例を交えた議論から、じっくり始めるような姿勢が求められます。

いじめを防止するには、アンケートなどで確認する作業も必要

一方で着実な成果を成し遂げられたかどうかを学校の関係者が率先して確認していく作業も大事であり、いじめ防止をかたちにするためには必要な要綱です。

日常的な行動や様子を伺うようなことに加え、心情に迫るような定期的なアンケートも重要な意味合いを持つことになるため、計画的に実行に移すような方向も検討することが大切になります。

最近では学校の話題を上手に取り上げた、いじめ防止標語を募集する内容も一例として注目され、いじめへの関心度を上げる取り組みも具体的に始まっています。

注意すべき事項をひとりひとりが真剣に考察することで、減らす方向も模索することが可能となっていきます。

いじめ防止標語コンテストについて

子供たちが考えた作品には切実な思いが込められています。

お互いを助け合うような言葉や見て見ぬふりをしないといった他者への思いやりなどが多く挙げられ、受賞作品の多くは共感できる内容が多くを占めています。

健全なコミュニケーションを日頃から養うことができれば、いじめを最小限の段階にまで減らすことができるようにもなります。

思春期を取り巻く環境はひと昔よりも複雑な状況になっていますが、一つ一つの問題を解決していくことで前向きな社会生活をする部分にもつなげていくことが見込めます。

そういったこともあって、いじめ防止標語について学校でも度々取り扱うことが大切です。

まとめ

以上のことからいじめは互いの心を読み取る機会を増やせば、減らすことが可能となります。

具体的な成果を早期に実現させることは難しいものの、常に自分自身の問題として考えていくことにより、話し合いの場を見出すことも現実のものとなるのが一般的です。

ちなみに親子で相談する時間を持つことも、より一層大事になっています。

 

最後に

 

いじめ防止標語はいじめへの関心度を上げる為のものですので、やはりインパクトが大事になります。

スポンサーリンク

関連コンテンツ

 - 標語の作り方