おすすめ情報 ランキングSite

役に立つ幅広い情報を配信します。

*

いつも笑顔の人が怖い顔の時、ビジネス場面でのワンランク上の対応!

      2016/10/26

 

笑顔は、子供であっても、大人であっても人の心をなごませたり、その場の雰囲気を和ませる力があります。

普段は、常に笑っている様に努力している人なども見られます。

 

いつも笑顔の人

いつも笑顔の人が怖い形相になっている時には、注意をしながら接する必要があります。

特にビジネスの場面では、失敗が許されないケースもありますので、慎重に対処する必要があります。

スポンサーリンク

いつも笑顔の人(ビジネス)

外人社長の笑い

いつも笑顔の人が怖い顔になっていて、上司であった場合には、直属の部下であるなら、失礼のない範囲、マナーで直接話かけてみる、問いかけてみる事もできます。

但し、ビジネスの場面では、1日の中でも非常に仕事が集中したり、多忙な時間などがある場合もあります。

多忙な時間に問いかける様な事は避けて、少し場面が変わった時に、『いつもと違う表情ですが、何かありましたでしょうか』、などの問いかけをしてみる事ができます。

 

いつも笑顔の人が怖い顔の場合、相手の立場で考える

怖い上司

いつも笑顔の人が怖い表情になっている場合、やはり相手の立場になって考える必要もあります。

ビジネスにおいて、直属の上司がその様な雰囲気を醸し出している場合には、仕事上での問題が発生している可能性もあります。

自分が何か失敗をしてしまったんではないかと心配する前に、相手の現状を把握しておく事も大切です。

仕事の状況判断をしてから真剣に話しかける

重要なプロジェクトを抱えている時、来客が多くて多忙な時、様々な状況が影響している可能性もあります。

ビジネスの場面では、仕事がメインになりますから、まずは仕事の状況判断をしながら、落ち着いたところで真剣に話かけるなどしてみてください。

あくまでも真剣な表情で伺いをたてた方が無難です。

怖い顔の原因を探ってみる

場合によっては、原因が自分の仕事や、やった事にある可能性なども考えられます。

相手の現在の立場などを考えた上で、原因を探ってみましょう。

周囲の人に何かあったのかを尋ねてみる事もできます。

この場合にも、本人が在席していない場所で尋ねてみるなど、相手への配慮は必要です。

 

いつも笑顔の人の怖い顔の原因がわかった際の対応

謝る部下

いつも笑顔の人が怖い表情になっている原因が判明したら、その原因によって対処の仕方は違ってきます。

部下の自分が原因の場合

部下である自分の仕事上での問題が原因である場合には、話しかけるタイミングを見計らって、素直に自分から謝罪するなどの対応ができます。

自分たちでは解決が困難な場合

原因が、周囲の人たちでは解決できない様な場合には、暫くは自分の仕事に専念をして、様子を見守ってみる時間も必要です。

 

最後に

 

怖い表情が気になってしまう場合もありますが、余計な手出しが更に状況を悪化させてしまう場合もあります。

あくまでも、相手の気持ちや現状、立場を考えて対処する事が重要です。

スポンサーリンク

関連コンテンツ

 - 仕事