おすすめ情報 ランキングSite

役に立つ幅広い情報を配信します。

*

二次創作における小説の書き方の超具体的な例!

      2016/10/09

 

二次創作というのは、作品を作った本人が登場人物や設定などを考えたものではなく、原作という既存の作品から話を展開・想像させて作った創作物のことです。

ということは、著作権などはすべて原作者にあり、暗黙の了解として公に認められているわけではないが趣味の範囲でなら原作者が黙認してくれている、といった派生作品となります。

コミケやシティなどで売られている同人誌の多くが二次創作であることが多く、作品には漫画・小説・ゲームやグッズなど多岐にわたります。

スポンサーリンク

二次創作における小説の書き方

 

二次創作における小説の書き方ですが、キャラクターや設定がすでに決まっているということ以外には、オリジナルの小説の書き方とそんなに変わるところはありません。

しかし、BLやNL、GLと呼ばれる原作の登場人物同士で創作のお話を書くのか、それとも夢小説(名前変換小説)と呼ばれるオリジナルのキャラクターを登場させて既存のキャラクターと関係を持たせていくのかでは、書き方や話の決め方は少し変わってくるのではないかと思います。

では、大まかな流れを説明していきます。

書き方自体は、作家さん毎に違うと思うのであくまで一例として読んでいただければと思います。

小説のキャラクター

小説の書き方の一例

1)話のテーマを決める

→たとえば、大テーマとして天体観測、などのざっくりしたもので大丈夫です。

2)そこから連想する単語やテーマを15個程度散りばめる

→冬、寮からこっそり抜け出して、幼馴染、友達以上恋人未満、両片思い、などの自分の好きなシチュエーションや好きなキャラクター同士の関連用語などを上げると書きやすいです。

3)それをノートや紙などに書き、矢印などで連想ゲームのように繋げていく

→もしくは、起承転結のように時系列で書きやすいように並べていく

4)一番伝えたい事、伏線に使いたい事などに印をつける

→バラしたいところまで、直接表現が出ないように印をつけておき、別の表現方法を横にメモしておくと楽です。

5)流れが出来上がったら、登場させたいキャラクターの関係図や呼び方、特徴・出したい設定などを書き出しておき、話の道が反れないようにしておきます。

6)そこまでしたら、実際に文章を書いてみましょう。

上手く思いつかなければ3)で書いた連想ゲームを書き出して、少しずつ文章を足していったり肉付けしていくとわかりやすいかもしれません。

7)一度最後まで書いてみてから、読み直す。

→途中でなんども戻ると、道が反れることもよくあります。最後まで書いて、表現の被りや誤字脱字、伏線の回収などを確認しながら読んでみましょう。

スポンサーリンク

小説の書き方のまとめ

小説の書き方としては、上記の流れでなんども繰り返していきます。

きっとすぐには思い通りにいかないかもしれません。

しかし、好きな原作へのリスペクトと愛情と根性で少しずつ上手になってきます。

焦らず、ゆっくり何度も書いてみましょう!

 

最後に

 

1番大事なのは、原作への尊敬を忘れないことと、自分が楽しむことだと思います。

スポンサーリンク

関連コンテンツ

 -