おすすめ情報 ランキングSite

役に立つ幅広い情報を配信します。

*

爪が割れる原因を知って処置や対策をする!

      2016/10/19

 

爪が割れやすくて悩んでいる人は多いのではないでしょうか。

爪は健康のバロメーターであり、爪の状態を見れば体の状態がわかるとも言われています。

爪に縦線が入っているのは老化現象によるものです。

横に入っている線は、爪が伸びる過程で体調が良くなかった時期を表しています。

スポンサーリンク

爪が割れる原因

爪が長い

爪が割れる原因は、外的な要因と内的な要因があります。

外的な要因は、何らかの衝撃によって爪が割れてしまうということです。

内的な要因は、乾燥、栄養不足、貧血、冷え性などがあります。

自分がどの原因に当てはまるのかを知って適切な処置や対策をする必要があります。

 

爪が割れた際の処置

トップコートで爪の処置

爪が割れてしまった場合の処置としては、接着剤やネイルのトップコートなどを塗って、割れてしまった部分を補強する方法があります。

ヒビが入ってしまった部分をそれ以上広げないようにすることが大切です。

接着剤やトップコートが手元にない場合は、絆創膏やテープなどでしっかりと補強するのも良いでしょう。

爪が割れると同時に傷ができてしまったり出血をしてしまっている場合は、傷口をきちんと消毒し、細菌が入らないように絆創膏などでカバーしましょう。

これらはあくまでも応急処置です。

爪が割れることに対しての根本的な解決にはなっていませんので、きちんとした対策が必要になります。

 

外的な要因によって爪が割れない為の対策

突発的な事故に気を付ける

対策といっても外的な要因の場合、突発的なことは防げないこともありますが、対策をすることによって未然に防げることもあります。

手の爪の場合

手の爪の場合、基本的なことですが爪が長い場合は切ることです。

この場合、深爪にならない程度に切ることです。

爪が長いと例えば、スポーツなどをしている際、指先(爪)に衝撃が加わり良く割れることがあるからです。

日常生活でも、同様に爪が割れる原因になります。

足の爪の場合

足の爪の場合も、手と同じで深爪にならない程度に爪を切ることです。

他の対策については、例えば、仕事で重いものを扱う作業をするときは、安全靴を履くなどの対策をすれば、足の先(爪先)をケガから防ぐことが可能になります。

結果、足の爪割れも防いでくれます。

 

安全靴について

 

安全靴とは、靴の先端に鋼板が入っていることで、重量物の落下から足を守ってくれる優れものです。

また、感電事故からも体を守ってくれます。最近では、

  • ナイキ
  • アディダス
  • アシックス

などの、メーカーからおしゃれな安全靴も販売されていることから、普段の生活でも違和感なく履くことができます。

 

内的な要因によって引き起こされる爪割れの対策

健康管理

内的な要因の場合、外的要因によって起こる爪割れと比べると、しっかり対策(ケア)をすれば、防ぐことが可能になります。

乾燥

乾燥が原因である場合は、保湿が大切です。

爪も顔や体と同じようにきちんとした保湿ケアが必要なのです。

クリームやオイルなどをマッサージするようになじませましょう。

冷え性

冷え性が原因である場合は、体を温めることや代謝をアップさせて血行を良くすることが大切です。

ぬるめのお風呂にゆっくり浸かることや適度な運動を心がけましょう。

ストレッチや筋トレやウォーキングなどの簡単な運動を生活の中に取り入れましょう。

栄養不足や貧血

栄養不足や貧血が原因である場合は、食生活が重要になります。

ビタミンやミネラル、タンパク質をバランスよく食事に取り入れる必要があります。

野菜や果物、大豆製品や肉、魚を積極的に摂取しましょう。

 

貧血にならない為の対策

 

貧血に効果的な栄養素は、鉄分や葉酸、ビタミンB12などです。

赤血球のヘモグロビンを増やす働きがあります。

  • レバー
  • カツオ
  • マグロ
  • あさり
  • ほうれん草

などがおすすめです。食べ物で摂取できない場合は、サプリメントやドリンク剤などで補うという方法もあります。

1日3食きちんと食事をすることも大切です。

 

最後に

 

外的な要因による爪割れには、爪を短く切り、安全靴を履くことでケガ(爪が割れる症状)を未然に防ぐことができます。

内的な要因による爪割れには、バランスのとれた食生活、適度な運動、良質な睡眠などの健康的で規則正しい生活習慣が対策のカギとなります。

スポンサーリンク

関連コンテンツ

 - 医療