おすすめ情報 ランキングSite

役に立つ幅広い情報を配信します。

*

厳島神社へのアクセス方法と観光の所要時間!

   

 

厳島神社は、日本三景の1つです。そして、1996年には、ユネスコの世界文化遺産にも登録されています。

特徴として挙げられるのは、主要な社殿が海上にあることです。

なぜ、そのような形状になっているのかというと、厳島神社は厳島という島にあるのですが、厳島自体が信仰の対象となっているからです。

つまり、厳島自体が神ということなのです。

厳島神社

神である厳島を侵すことは許されませんから、社殿が海上に設けられたというわけです。

ただ、この深い信仰心は、優れた副産物を生み出しています。

それは、視覚的な効果です。

海が満潮の時、社殿はまるで海に浮かんでいるように見えます。それは、他では決して味わえない絶景です。

それ故、日本三景の1つになっているのでしょうし、また、世界文化遺産にもなっているのでしょう。ですから、1度は訪れて、自らの目で見ておくべき名所なのです。

では、実際に、どのようにアクセスするか説明していきます。

 

厳島神社へのアクセス

厳島神社

厳島神社の所在地は、広島県の廿日市市です。

廿日市市は広島県の西部に位置しており、山口県、島根県と隣接しています。

住所 広島県廿日市市宮島町1-1 👈地図はこちら

 

電車で行く場合

電車でアクセスする場合、まずJR広島駅で下車します。

そして、宮島口という駅に向かうこととなるのですが、このルートは2つあります。

1つは、JRの山陽本線を使うルートです。
岩国・下関方面行きに乗車し、JR宮島口駅下車となります。

もう1つは、路面電車、広島電鉄を利用するルートです。
広島電鉄の下車駅は、広電宮島口です。

所要時間は、山陽本線が約30分、広島電鉄が約50分です。

 

フェリー乗り場

 

そして、どちらのルートでも宮島口の駅に着いたら、そこから徒歩でフェリー乗り場に向かいます。

JR宮島口駅からは歩いて3分ほど、広電宮島口駅からは歩いて1分ほどでフェリー乗り場に着きますので、そこからフェリーに乗れば、約10分で到着します。

フェリーはJR西日本宮島フェリー(宮島連絡船)と宮島松大汽船の2種類ありますが、どちらのフェリーでも厳島神社に到着します。

 

車で行く場合、駐車場がないので注意!

車でアクセスする場合の目的地は、フェリー乗り場となります。

フェリー乗り場付近の駐車場に車を入れて、つまり、車を置いてフェリーに乗ることとなります。

厳島に車が入れないわけではないのですが、基本的に観光用の駐車場は存在せず、また、道幅も非常に狭いので、車は置いて行った方が無難です。

 

厳島神社の観光に掛かる所要時間

厳島神社を観光

3時間程度を目安に観光の計画を立てれば大丈夫です。

レストランなどで、食事やお土産を買っていても十分に時間は足りるでしょう。

急げば2時間程度も可能です。

  • 厳島神社に片道15分、
  • 神社参拝に30分、
  • 食事やお土産に1時間~1時間半、

を見ておけば余裕を持って行動できます。

 

最後に

 

ちなみに、厳島神社のアクセスで山陽自動車道を利用する場合、

岡山・大阪方面からですと廿日市インターチェンジ
下関・九州方面からですと大野インターチェンジ

で降りて国道2号に入り、約10分走ればフェリー乗り場に到着します。

 

関連コンテンツ

 - 神社・寺