おすすめ情報 ランキングSite

役に立つ幅広い情報を配信します。

*

環境標語の作り方を生徒や子供に教える時は例も言う

      2016/10/09

 

スローガンを作って一丸となって取り組めば、大きな成果を生む事があります。

それ故に企業では標語を作って目標達成を目指す場合もあるのです。

漠然とした気持ちで仕事をするよりは、標語を作って仕事をした方が効率的だと言えます。

標語を作るのは企業ばかりではありません。世界全体で何かに取り組むケースも存在します。

例えば、現代では次第に悪化していく環境が憂慮されています。

それを改善するためには力を集結する必要があるのです。

スポンサーリンク

標語の作り方を生徒や子供に教える場合

 

この標語の作り方について講習をする人もいます。

理由は標語作りを任されるケースは少なくないので、小学校や中学校過程の教育で習得させるためです。

その場合には前述した環境標語をテーマにする事が多いと言われています。

テーマは環境標語

MS251_kokoderuyo-thumb-815xauto-15151

環境標語をテーマにする理由は他にもあります。

それは、子供に地球環境の悪化と道徳を、同時に伝えられる効果も期待出来るからです。

その時は、環境標語を一人一人作って提出させるというやり方が多いと言われています。

標語の作り方を言葉で学ぶよりも実際に作った方が要領を得られるからです。

標語の作成方法は例を出して教える

しかし子供にテーマを言っても作成が進みません。

そして最近では土曜日が完全に休日であるため、授業を行える時間は減り続けています。

標語の作成がどれだけ大切な授業でも、他の勉強を疎かにするわけにはいきません。

その為、教師は自分で作った標語を例として提示します。

それを見れば大半の子供はどういう形式のものを作ればいいか、直感的な理解を得られるからです。

その他の教え方

もしくは標語作りを始める前に必ず使用する単語を、いくつか決めるという方法もあります。

オリジナリティの面には問題が残りますが、標語の作り方を習得するという目的は十分に達成可能です。

●例えば、環境標語を作るなら、地球や優しいといった単語が利用しやすいと言えます。

この様なやり方で生徒に教えるのが昨今の教師の教育方法です。

スポンサーリンク

環境標語の作り方とコンテストについて

 

標語の作り方についてもっと詳しく知りたい方は、👇のサイトを参考にしてください。

安全衛生標語の作り方とその実例

労働衛生標語の作り方の一例

環境標語がテーマではありませんが、作り方はどの標語も一緒ですので参考になります。

標語のコンテスト

そして、授業の一環で作った環境標語をコンテストに出す場合もあります。

コンテストに入賞を果たした作品は、国全体のスローガンに選ばれる事もあります。

理由は大人の作った標語よりも子供の作品の方が、皆が力を合わせる可能性が大きくなるからです。

 

最後に

 

標語の作り方を教わるのは子供の頃ですが、大人になってから学ばないとは限りません。

理由はビジネスマン向けの講習会でも、標語作りが主題になる事があるからです。

標語の有効性が企業経営においても利用されるのは前述した通りです。

企業の業績を向上させる効果があるなら、子供時代に受けた授業を再び受ける可能性がビジネスマンにはあります。

スポンサーリンク

関連コンテンツ

 - 標語の作り方