おすすめ情報 ランキングSite

役に立つ幅広い情報を配信します。

*

結婚式の曲で感動させる方法

      2015/09/10

br_058_s

結婚式で感動したことはありますか?

私は、流れる曲と各シーンがマッチしていると感動します。

皆さんも感動しますよね。記事を読んで、自分の結婚式でみんなを感動させられるようにしましょう。

 

結婚式、特に女性にとっては特別なものです。

そんな特別な式だからこそ、最高だと思えるものにしたいですよね。

結婚式で流す音楽はいつも聞いている曲だとしても、特別に聞こえることでしょう。

そこで、そんな最高の場を感動させるシーン別の雰囲気に合ったおすすめ曲を紹介します。

 

こちらの記事も参考に選んでみてください

結婚式曲定番、各シーンで流したい曲10選!

 

大事な登場シーン

次にお色直しの後の再登場などのシーンは、耳馴染みの良いキャッチーなメロディーの絢香の「にじいろ」がおすすめです。

 

ケーキ入刀

前向きな気持ちにしてくれる元気な楽曲はきっと宴を盛り上げてくれるはずです。

 

注意するポイント

 

結婚式、とても大事な入場シーンに多くの思いをかける方は非常に多いと思います。

それも当然、入場はその披露宴において最初に新郎新婦とゲストが触れ合うシーン。

インパクトも大事ながら、押しすぎるとゲストが引いてしまう可能性も。

バランスを大事にしましょう。

自分たちのことだけではなく、ゲストの気持ちも踊るような、できるだけ幅広い年代に受けが良い音楽を選んだほうが良いでしょう。

そしてゲストが嫌がる音楽、爆音でロックをかけたり、クラブミュージックなどはたとえ新郎新婦が好きだとしても結婚式では絶対にやめましょう。

次に入場シーンの曲の選び方のコツと、感動をよぶ為の間をつくる方法を紹介します。

 

曲の選び方とタメで感動させる

 

ずばり、イントロにタメを、つまりは、間をつくる。

入場シーンは音楽が流れたら入場するだけだと思っていませんか。

一番カッコいいのはタメをつくって扉を開けることです。

タメをつくることでゲストが扉に目線を向ける準備時間になるし、ドキドキ感を演出できるし、扉の重みも伝わります。

そのためにメリハリがあるBGMを選ぶと良いです。

意識するのはゲストに出るよと匂わせる、扉が開く瞬間をきれいに魅せることできっと感動させることができるはずです。

 

まとめ

 

その式の雰囲気を左右すると言える音楽は、二人で慎重に真剣に楽しんで選びたいものです。

二人の最高の日を是非、最高の音楽で飾ってください。

 

関連コンテンツ

 - 結婚式