おすすめ情報 ランキングSite

役に立つ幅広い情報を配信します。

*

ママ友が中学受験でトラブル関係に!

      2016/10/16

崖の上の女性です。

ママ友間のトラブルはぜひとも避けたいものです。

女性はどうしてもおしゃべりで群れてしゃべるということが多いものです。

中には女性でもこうしたママ友のような関係が重荷になっている人もいますが、なかなか抜け出せない、いったん入って抜けると何かと要らぬ噂を立てられたりといった不安もあり、切るに切れない関係になることが多いものです。

スポンサーリンク

中学受験とママ友トラブルについて

中学受験当日の会場の様子です。

特に、ママ友間でトラブルの種になるのがお受験です。

早くは小学校、さらには、幼稚園というところからお受験はありますが、最も一般的なのが中学受験のタイミングです。

 

中学受験での近所のママ友との関係

近所に住んでいるママ友同士の場合は、同じような学校を狙うことも多く、また、同じ幼稚園からといった場合でも、同じような年収や同じ年代ということで、目指す中学も重なるという場合が良くあります。

そうすると、お互いの子供、そして親同士も、ある種ライバルというような形になってしまうのです。

 

中学受験でありがちなこと

ただでさえトラブルというのは些細なことで起こるものですが、中学受験の場合は子供と親が一緒に努力するといったものでもあり、子供通しの関係も、ぎくしゃくするということにもなりかねません。

中学受験でお受験をするとそうした状況に、ハマってしまう可能性が高いんです。

 

中学受験でのママ友同士のトラブルは深刻

喜ぶ女性の様子です。

そうした中学受験をめぐるママ友同士のトラブルは軽く考えない方が良いです。

受験ですので、その結果は合格、不合格とある意味はっきりと結果が出てしまうので、当然、複数の中学をお受験するのですが、ある程度のクラスの中学は受験日も似たような日になっており、ちょうどいい第二志望ということに落ち着くことが容易ではないこともあります。

そして、その結果をずっと引きずるというところがありますので、予め、そうした問題にならないように、ママ友とは結果に関わらず上手くやっていく、不合格ということもありうるということで雰囲気づくりをしておくことが大切です。

 

ママ友とのトラブルが悪化した場合

トラブルに怒り狂う女性

ママ友のトラブルはあまりにもめてしまうと、引っ越しも考えなくてはならないほどになりますが、子供の通学ということもある場合はそれも難しいということがあります。

また、引っ越し代、引っ越し先の住居などのお金の面も考えると、なかなか踏み出せないのが現状です。

よくありがちなのは同じ会社の宿舎や社宅の場合には、そう簡単に引っ越すという訳にもいかず年々ストレスを溜め込んでしまうケースです。

 

最後に

 

中学受験は子供を持つと避けることはできないことですが、近所のママ友ともできるだけ日頃から関係を良くして、子供たち同士も、違う中学に行ったとしても仲良くできるように、学校以外のクラブや、塾など共通のところで過ごせる環境が大切になってきます。

そうすることで、仲良く過ごせる可能性が高いです。

たまにはホームパーティなどをして交流を深めるのも良いことです。

スポンサーリンク

関連コンテンツ

 - 子育て