おすすめ情報 ランキングSite

役に立つ幅広い情報を配信します。

*

小学校のママ友とのトラブルと付き合い方について

      2016/10/16

ママのイラストです。

子供が小学校に上がれば幼稚園の時と比べ、ママ友との付き合いも減ってくると思っている方は多いのではないでしょうか?

幼稚園の時は通園バスの待ち時間などで話す機会も多く、またママ友を通じて子供同士を遊ばせるという事もあったと思います。

また、ランチに行く事も多くあったと思います。

しかし、小学校に上がれば親の手から離れ自分で遊びに行くようになります。

そのため、親の目が届きにくくなり、トラブルの原因にもなります。

スポンサーリンク

小学校のママ友とのトラブル

高級マンションの室内

例えば、お友達の家の冷蔵庫を勝手に開ける、勝手におやつを食べる、勝手に家に上がるなどで相手の親から苦情を言われる事も多くあります。

また、子供同士のトラブルが起こった際にも親が見ていないため状況が掴みにくく、親同士のトラブルに発展する事もあります。

そのため、小学校のママ友は必要ないのでは?と思う方も多いのではないでしょうか?

 

小学校のママ友のメリット

 

親同士の付き合いがなければ苦情を言われる事はあまりありません。

また、人間関係のわずらわしさを感じる事もありません。

しかし、ママ友がいれば自分の子供の様子を知る事ができます。

また、習い事などの情報を多く仕入れる事もできます。

そして、行事の際に孤立しないですみます。

 

小学校でのママ友とのトラブルを避ける為の付き合い方

 

子供がいれば様々な行事があり親が参加しなければいけない行事もたくさんあります。

知っている人がいるというだけでとても安心するという方はとても多いと思います。

では、上手に付き合うにはどうしたらよいのでしょうか?

 

上手にママ友と付き合う方法

写真好きのママ

まず、深入りしない事が一番です。

一定の距離を保ち付き合っていくのがお互いにとって一番良い付き合い方だと思います。

そして、相手の家庭の事や夫の職業などを細かく聞く事は相手を不快な気持ちにさせる場合があります。

また、過去を詮索する事も絶対にしてはいけません。誰にでも話したくない事はあります。

そのため、トラブルを避けるためにも誰にでもきちんと挨拶をし当たり障りのない会話をする事が大切です。

 

小学校でママ友と付き合う期間

怒っているママ

また、自分と気が合わない人でも、期間限定の付き合いと割り切り上手に付き合っていく事が大切です。

では、いつまで付き合いが続くのでしょうか?

子供は成長するにつれて自分で友人関係を築いていきます。

そのため、親の介入が必要なくなり自然と付き合いも減ってきます。

この頃までが、付き合う期間といえます。

しかし、ママ友の本当に気が合う人の場合はその後も付き合いが続き、生涯の友人として良い関係を築いている人も多くいます。

 

最後に

 

このように、ママ友との付き合いは大変だと感じる方は多くいます。

そのため、自分に合った選択をする事が大切です。

スポンサーリンク

関連コンテンツ

 - 子育て