おすすめ情報 ランキングSite

役に立つ幅広い情報を配信します。

*

スイカは栄養も効果も豊富で涼しくしてくれる果物です。

      2016/10/16

 

夏が来れば当然気温は高くなり、本来活動的になれる時期なのではありますが体の方はと言いますと夏バテが気になる季節ともなります。

そんな暑い夏をどのように克服していくかは、とても大きな課題です。

人それぞれによって暑さをしのぐ方法は異なってくるわけですが、暑さ対策の例を挙げていくならば、まず一つ目に涼しい食べ物を取るということです。

当然外は暑いですから、そのうえ熱いモノは食べられないのが普通です。

やはり冷えた部屋で涼しげな、ソーメンなどの麺類が美味しく感じられるものです。

夏の冷たい食べ物といえば、スイカも挙げられます。

スイカは夏の定番の果物であり、大人気です。

今日はそんな暑い時期によく食べるスイカの記事を紹介します。

 

スイカ(栄養と効果)

スイカ好きの子供

暑さ対策だからといって冷たい物ばかりを取り過ぎても、問題がでてくるわけですが、そんななかで夏に食べる冷たい美味しい果実としてスイカがあります。

 

スイカ

本来高級な食材として取り扱われており、夏の贈答品としてもよく使われます。

その果実をこよなく愛するのは、子供たちです。夏休みの時期に毎日のようにスイカを食べるという子供たちも珍しくはありません。

 

スイカの栄養

ひんやり体を冷やしてくれる効果のあるスイカは、栄養価にもすぐれています。

その主な栄養はビタミンやミネラルといったものを多く含むため、それらの栄養が不足しがちだとされる子供たちには最適の果実だと言えます。

 

スイカの効果

水分を非常に多く含むとし、利尿作用にすぐれた効果を発揮できるとされていて、体の老廃物を外へ排出する働きもしてくれるとされています。

他にも嬉しい効果として、腎臓の働きを整えてくれる作用をもち内臓の機能低下を回復へと導いてくれます。

 

スイカの皮を有効活用する方法

メロンとスイカです

普通スイカは赤い部分を食べるのが一般的ですが、実は皮の部分も食べることが可能です。

 

すいかの皮を漬物に

スイカは様々な料理にも使えるとして知られています。

よく子供が食べた後の本来捨てる部分とされる緑の皮にあたるところを、捨てずにお漬物にするというお母さんたちもいます。

普段作るお漬物と同じ要領でできて、食べるときにはゴマや醤油をつけて食べるとご飯の友にもなって重宝するわけです。

 

スイカは食べるだけじゃない、食以外に活用する方法

 

今までスイカの食に関する内容を紹介してきましたが、食以外にもスイカを活用する方法があるので紹介します。

 

イベントですいか割り

すいか割りのイラスト

夏の時期はアウトドアをエンジョイする人たちで賑わうようになるのですが、そんなときに海岸端で、すいか割りを楽しむ際に使います。

楽しんだ後はしっかりと方付けもするようにしましょう。

 

商品のイラストに(広告)

スイカのイラスト

夏の商品アイテムのイラストにも可愛らしいイメージを持つとしてよく使われるスイカは、そのイラストがのっているだけで商品が爆発的に売れるということがあります。

そのことから商品を生産する企業としては、夏に向けて作る商品に、イラストとしてすいかは取り入れたいモノのひとつになっています。

 

最後に

 

スイカとは夏の暑い時期に、スイカの涼しげなイラストだけで気持ちまで涼しくさせてくれるそんな夏の果物です。

スポンサーリンク

関連コンテンツ

 - 食事