おすすめ情報 ランキングSite

役に立つ幅広い情報を配信します。

*

結婚指輪の選び方とオーダメイドするときの注意点

      2015/08/21

br_054_s

結婚を控えている人は結婚指輪を購入される人がほとんどです。

婚約指輪の場合は実用的な腕時計などで代用する人も増えていますが、結婚指輪に対する思い入れは皆非常に強いようです。

そんな結婚指輪の選び方について紹介します。

 

結婚指輪のデザイン、オーダーメイド

 

最もこだわりを持つ人が多いのが、指輪のデザインです。

非常に多くのブランドが指輪を手がけており、既製品を選んだとしても他の人とかぶることはほぼ皆無です。

しかし自分たちだけの世界で1つだけしかない指輪がいいということであれば、やはりオーダーメイドすることをオススメします。

ワッカの部分もストレートタイプやウェーブタイプ、V字やU字などタイプ別に分かれているため、好きなものを選べます。

そしてリングの表面に描く夫婦の思い入れの文章・文字・絵・柄をお店の人に伝え、その配置・色合い・大きさまで細かく指定することができます。

オプション価格で費用は上がってしまいますが、素材を選びなおすことで価格の上昇は十分抑えられます。

ブランド物のペアリング相場はだいたい20~30万円ですが、グレードを落とすことにより、ペアリングで6~10万円台のものも存在します。

 

指輪の素材の種類と金属アレルギーや敏感肌な人向けの素材について

 

指輪の素材としては、

  • プラチナ

などの有名どころから、

  • ニッケル
  • チタン
  • ジルコニウム

などマイナーなものまで多くの種類があります。

特に人気なのは高級感溢れるプラチナですが、純度の高いプラチナは傷つきやすので普段指輪をつけていたい人には不向きです。

金属アレルギーの人や肌が敏感な人は

  • チタン
  • ジルコニウム

などが肌にやさしいためオススメです。

ジルコニウムは若干高めの価格帯ですが、チタンは非常に安い金属でペアリング6万円も実現可能です。

 

まとめ

 

ペアリングをオーダーメイドする場合の注意点

デザインや素材選びなど一から担当者と相談して決めていけなければならないため、事前に相応な時間が必要になります。

だいたい式の2~3ヶ月前には明確なビジョンを固めて店舗を訪れるようにするのがいいでしょう。

 

関連コンテンツ

 - 結婚