おすすめ情報 ランキングSite

役に立つ幅広い情報を配信します。

*

東京ビッグサイトの行き方やアクセスについて

      2016/10/16

東京ビッグサイトの一部を写した写真です。

東京ビッグサイトは、会議棟と2つの展示棟があります。

 

展示棟では、

モーターショーやアニメショー、の他にも様々な業種の展示会が開催されています。

また、様々なアーティストのコンサート会場としても利用されています。

会議棟

会議室は1000人も収容できる会議室から少人数までの様々なタイプの会議室があります。

また、市民マラソンの先駆けでもある東京マラソンのゴール地点にもなっています。

そして、2020年の東京都オリンピックの会場として使用する予定となっています。

展示会のある日には、国内外から多くの方々が来場します。

そのため、アクセスも良いです。

そんな、東京ビッグサイトの行き方やアクセスについて説明します。

スポンサーリンク

東京ビッグサイト

東京ビッグサイトの全体を写した写真です。

東京ビッグサイトは、東京都江東区有明にあるコンベンションセンターです。

東京ビッグサイトは、東京国際展示場の愛称です。1996年に現在の場所にできました。

それまでは、晴海にありました。日本の中で一番大きなコンベンションセンターです。

 

東京ビックサイトの行き方やアクセス

昼間の東京ビッグサイト

行き方は、何通りもあります。まず、鉄道を使った行き方について説明します。

一番最寄駅は、ゆりかもめの国際展示場正門駅となります。

そこから徒歩3分のところにあります。

また、ゆりかもめは、新橋駅から豊洲駅まで結んでいます。

新橋駅から乗ることができるので新幹線利用者にはとても良いアクセスもとになっています。

豊洲駅も地下鉄の乗り換え駅となっているため、様々な場所に行くことができます。

もう一つ近くに駅があり、りんかい線の国際展示場駅から徒歩7分のところにあるので、国際展示場駅も利用しやすいです。

スポンサーリンク

バスを利用

また、りんかい線は、JR埼京線、湘南新宿ラインと相互乗り入れしているため、新宿や池袋、埼玉方面は、直通で行くことができ、バスも利用することができます。

高速バス

高速バスは羽田空港や横浜駅から国際展示場までのバスがあります。

羽田空港からのバスがあるため、飛行機利用者にはとても便利なものです。

都営バス

その他にも都営バスで東京駅から豊洲経由、月島経由などのバスがあります。

水上バス

水上バスも利用することができ、日の出桟橋から国際展示場までのバスがあります。

 

最後に

 

首都圏の主要な場所からのアクセスはとても良好です。

鉄道やバスなどをうまく利用することで短時間で東京ビッグサイトに行くことができ、海外からのお客様にもわかりやすいアクセスとなっています。

東京ビッグサイトは、国際都市東京を象徴するアクセスの多さ、良さとなっています。

スポンサーリンク

関連コンテンツ

 - イベント