おすすめ情報 ランキングSite

役に立つ幅広い情報を配信します。

*

高額な費用をかけなくても、良い結婚式を挙げることはできます

      2016/01/08

016492_li

一昔前の結婚式といえば、お金をかけて多くの親族や友人などを招いて、盛大に行うことが当然とされていました。

多くの知人を招くことによってご祝儀も頂くことはできますが、式の費用は高額でした。

招待客へ振る舞う料理や式の演出、それに新婦のお色直しなどにも高額な費用を必要としましたので、一生に一度の一大イベントでもありました。

 

時代の変化

 

現代では、地味に行うことが多くなってきました。

招待客は、ごく限られた親しい友人や両家の両親と自分の兄弟だけの少人数制で行うことも珍しくありません。

また、二次会なども行わず、式自体もシンプルなものが流行りになっています。

堅苦しい結婚式場を利用することも少なくなり、比較的軽装でも参加できるようなレストランを貸し切って、立食パーティー形式で気楽に行うこともよくあります。

このようにお金をかけないことには、素晴らしいメリットがあります。

 

将来の為に

 

これから新生活をスタートさせる新郎新婦にとって、欠かすことのできないことは貯金です。

将来を見据えて、家を建てたり子供が生まれた時のためにも、なるべく無駄使いを減らしておきたいという堅実な若者が多くなったのです。

ですから、派手にお金をかけて行わなければ世間体が悪いという古い考え方が、徐々に変わってきたと言えます。

つまり、現代ではお金をかけずに上手にやりくりをすることの方が、賢いやり方であるという考え方に変わったのです。

また、お金をかけることが必ず幸福であるとは限らないということも言えます。

 

まとめ

 

顔も良く知らないような遠い親戚を招待したり、人数を揃えるためにあまり親しくない知り合いまで招待しても、本当に心からの祝福を得ることはできません。

少人数でも自分と深い関わりのある人たちに囲まれて結婚式を行う方が、お互いに本当の幸福感を得ることができます。

現代の若者は省略語を使ったり、何かと簡素化したがる傾向にあります。

ですから、あまり良いイメージを持たれないことが多いですが、結婚式に関しては若者の簡素化を見習うべきなのです。

 

関連コンテンツ

 - 子育て