おすすめ情報 ランキングSite

役に立つ幅広い情報を配信します。

*

いろいろあっても最終的には結婚したい人は多い

      2016/01/08

wedding-806312_640

今は晩婚の時代と言われています。

女性にしても30歳で結婚していない人の率は30歳前半でも半数近いのが平成22年の総務省の国勢調査でも数字として表れています。

しかしそうした人たちが一生独身のままでいるのかというと必ずしもそうではないし、また、子供が欲しい、結婚したいという願望はそんなに著しく落ちているということではないのです。

 

現代社会

buildings-731397_640

今の時代はどうしても仕事などで少し自分のスキルを高めて、それなりのポジションを得ようと努力をすると、大学を卒業して22歳としても、5,6年などすぐに経ってしまうということが普通になってきています。

女性も男性と同じようにバリバリと仕事をしてみたいという人も増えています。

考えてみれば同じ大学をでて男女共学というなか、男性が選ぶ職業人への道を女性だから選ばずに専業主婦になる、あえて勤めをしないという選択をすることは不自然という感じが強いということも当然かもしれないのです。

 

晩婚化の原因

mama-558406_640

子供を産むことが結婚の結果であるとすれば、まだ付き合っているけれど子供を作るいは早いという気持ちが、仕事を続けたい、まだまだ極めたいという時期にはどうしても仕事を優先してしまい婚姻のタイミングを逸してしまうということになりがちなのです。

そうして多くの人が仕事をまず極める、プロフェッショナルやそれなりの地位にまで上り詰めるという感覚になったことから晩婚化が進んでいるのです。

シングルマザー

しかし人生の楽しみは仕事だけということではもちろんないことは皆さん分かっているのです。

子供を育てて家族として暮らす楽しみというのは当たり前ですが、普通の感覚としてありますし、シングルマザーという選択もありますが、敢えてそうしようという人はまだまだ数は少ないのです。

 

まとめ

 

いずれは結婚をするという方がほとんどですので、どういう式を挙げるかなどは暇をみて考えておくことはお勧めです。

今は、やり方も多種多様ですしかかる費用も様々、海外という選択肢ももちろんあります。

少し早いかもしれないという時期に挙式についてまずは関連本を眺めてみることから始めてみるのがベストです。

 

関連コンテンツ

 - 子育て