おすすめ情報 ランキングSite

役に立つ幅広い情報を配信します。

*

出自の意味と、その使い方

   

 

「○○と申します。出自は商家ですが・・・」

といった文章を読んでみて、気になる「出自」という言葉。

これは「でじ?」と読むのか、はたまた「しゅつじ?」と読むのか、ここでは、出自の意味と、その使い方について紹介します。

スポンサーリンク

出自の意味と使い方

 

出自とは「でじ」ではなく、「しゅつじ」と読みます。

意味

rakugo_jugemu

出自の意味は、ざっくり言えば、人の生まれや出所のことを意味します。

ブリタニカ国際大百科事典では、

「親子関係の世代的連鎖に基づく特定祖先への系統的帰属」

と、難解な表現で説明されています。

これは、社会的に親子と認められた関係を表し、血縁であるかどうかは問われません。

また、血縁があるからといって親子と認められない場合もあります。

加えて、父の系統を追うか、母の系統を追うかで自ずと内容も違ってきます。

つまり、個人が親を通じて特定の祖先の系譜につながり、特定の集団やカテゴリーに所属していることをいいます。

これらは特定の場合を除き、「出生」とほぼ同時にカテゴライズされ、子から孫へと代々引き継がれていきます。

スポンサーリンク

使い方

■出自を述べる

使い方の具体例を挙げますと、

「選挙に出馬するのだから、ここはぜひ、出自を明らかにして欲しいものだ」

「私の出自を述べますと、父方はアイルランドの貧しい靴職人の家系であり、祖父の代にアメリカへ移住しました」

など、「出自を述べる」と宣言した使い方もありますが、

■意味合いを明らかにする

「私は日本で生まれ育って国籍も日本ですが、父はもともと台湾人であり、戦後日本へ帰化しました」

のように、あえてその言葉を用いなくても、意味合いを明らかにする使い方ができます。

■血縁関係を持たない場合

また、血縁関係を持たない場合でも、

「私は孤児ですが、幼い頃に土佐藩にお抱えの医師の家系に養子として迎えられ、医師になるべく育てられました」

というように、血縁とは無関係ながら、集団や系譜を引き継いだものを表します。

出自とは

つまり、出自とは先祖が生まれ育ち、培った環境(国、民族、家、家系、職業)など、自分につながる系譜のことを言います。

そしてそれは、自分では変えようもない「家系の歴史」とも言い替えることができるでしょう。

家族以外、一人ひとりが違ったバックグラウンドを持っていますから、そこに興味を持って調べてみることで、自身のアイデンティティ(国・民族・組織などへの帰属意識)が強まることもあるでしょう。

人に対して尋ねる前に、自身についてもよく知っておくと良いかもしれません。

出自は人だけではなく物についても使われる

また、人だけではなく、物についても

「この木工細工の出自は、信州は木曽の山奥です」

のように、出所を示す時に使われます。

 

最後に

 

よく似た言葉で『出身』がありますが、出所を表すのは共通していますが、その出所は広義で使われ、学校、会社、職業なども含まれます。

その為、生まれた後から備わった地位や立場なども加えられてしまいます。

この二つを区別するには、「自分が生まれた場所・背負った系譜」であるかどうか、というところに着目するとよいでしょう。

スポンサーリンク

 - 間違いやすいビジネス敬語