おすすめ情報 ランキングSite

役に立つ幅広い情報を配信します。

*

「変える」「替える」「換える」「代える」の意味とその違いについて

   

 

同音異義語は多数ありますが、「かえる」に関しても多数の意味がある為、混乱する人は少なくありません。

「蛙」や「買える」「帰る」なら簡単ですが、変化や代理といった「かえる」の意味は誤って使用しがちです。

ここでは、そうした少し難しい「かえる」の意味とその違いについて紹介します。

スポンサーリンク

「変える」「替える」「換える」「代える」の意味とその違い

 

変える

まず「変える」は、物の位置や状態の変化を指す時に使用されます。

予定や顔色、パーティーの会場といった、物理的な意味を指し示す言葉です。

以前とは全く、あるいは一部違ったものにする言葉で、「自分を変える」といった時にも使用されます。

「生活習慣を…」とか「ライフスタイルを…」といった場合にも、「変える」が用いられます。

替える

is107144221_tp_v

「替える」は、「換える」と類似している言葉ですが、「替える」の場合、交替(かわりばんこ)とか「入れ替える」「すり替える」といった意味を持つ言葉です。

意味としては、いままであったものを取り除き、中身や内容をかえる。

あるいは新しく物を置く意味や、場所をとりかえるといった意味合いもある言葉で、「席替え」の時には、この意味が利用されます。

換える

一方で「換える」が、「替える」と異なる点は、換金や交換など、物々交換で利用できることです。

物々交換の場合には、この字以外は当てはまりません。

書き換える時や、乗り換えの時にも利用されます。

別の何かと交換する意味合いが強く、海外旅行で「円をドルに換える」といった場合や、自宅(マンション・アパート)の「鍵を換える」という場合にも使用される言葉です。

代える

「代える」は、上記3つよりも、代理の意味合いの強い言葉といえます。

「代える」は代打や代理の意味を強く持つため、別のものに同じ役割をさせることや、本物と違うものが同じ役割を担う意味を指すのが一般的です。

なので、例えば、アルバイト先の店長が一時的にかわった際には、この「代わる」を使用します。

なお、ご飯やドリンクのお代わりといった場合には、この意味合いを持つ言葉が当てはまります。

スポンサーリンク

意味の違いとその判断

ある程度意味が重複しているのは、「変える」以外の3つの言葉です。

「変える」は、変化や変更といった意味合いを持つ為、他の言葉では当てはまらず、使用すると誤字になってしまいます。

人によっては、文脈の前後の言葉で判断している人もいます。

文脈の前後で変化させている場合も多く、言葉による意味の違いを厳密に理解する人も少なくありません。

ただ、文脈からも重複している意味の場合には、どちらでも好きな言葉を利用している場合が多いのも事実です。

なので、社会人として適切な言葉の違いを理解して使用することは、取引先や上司に褒められる可能性が高いと言えます。

普段から意味を理解しておくと、書類を書く時にさりげなく出てきやすいです。

 

最後に

 

以上、「かえる」の意味とその違いについて紹介してきました。

「かえる」という言葉の中では、「変える」や「代える」は他の言葉よりも意味合いが重複していないため、比較的覚えやすくなっています。

そのため、他の言葉よりも上記の意味を理解して、それ以外の場合には、他の2つの言葉を利用するなどの方法をとる人も少なくありません。

従って、これらを覚えておくと便利です。

スポンサーリンク

関連コンテンツ

 - 言葉の意味