おすすめ情報 ランキングSite

役に立つ幅広い情報を配信します。

*

女子がスカートで体育座りするときのコツ3つ

      2016/11/26

 

女子が体育座りするとき、下着が見えてしまうことがあります。

落ち込んだときなど、無意識的にしてしまうこともあり、そうした際、不意に下着を見られるということもあります。

そもそも体育座りとは、学校などの体育の授業で用いられることからこうした名前がついています。

ただ、体操座り、三角座りなどと呼ぶ場合もあります。

体育座りは、女子からしたら地面にお尻を置いて膝を抱えることで、スカートの中が見えやすくなる座り方です。

なので、女子がスカートで体育座りするときに、下着が見えないようにするコツをお教えします。

スポンサーリンク

女子がスカートで体育座りするときのコツ

 

短すぎるスカートを履いている場合

まず、あまりに短すぎるスカートは見えてしまう危険性が高いです。

タオルなどで隠すという方法もありますが、太ももあたりまで短い洋服の場合、中にスパッツや見せパンを履いておくのがベストです。

できれば、下着に間違われない長めのものがいいと思います。

一分丈のものでも、様々な種類やデザインのものが売っているので、選ぶのも楽しいです。

gahag-0057268552

きちんとした下着屋さんや、お洋服屋さんでなくても売っているお店が最近は増えています。

100円均一や、300円均一のお店でも売っているので、小学生の女子のお小遣いでも買えます。

「スパッツや見せパンが苦手」という場合は、厚手のタイツやレギンスを履いておくのも良い方法です。

寒い時期には、防寒対策にもなるので良いです。

長い洋服の場合

次に長い洋服の場合になりますが、こちらも油断ができないので、中にスパッツなどを履いておくのも良い方法です。

ですが、長い洋服を履いているときに、ふわふわとしたフリルのついたスパッツやボリューム感のある見せパンを履いてしまうと、もともとの長いスカートの形を崩してしまうことがあるので、気をつけた方がいいです。

生地が薄手で、ぴったりと肌にくっつくようなシンプルなデザインのものがオススメです。

長いスカートを履いているときに、タイツやレギンスを履いていると静電気を起こしてしまい、スカートが上がってしまったり、よれてしまうことがあるので、その場合は事前に、静電気防止スプレーをしておくのが良いです。

静電気防止スプレーは、ドラッグストアや雑貨屋さんで500円前後で売っています。

中に何かを履くことで見えないようにする方法は以上です。

スポンサーリンク

体育座りのコツ

体育座りのコツですが、できるだけ低い高さで膝を抱えるのが良いです。

自分の体の方へ引き寄せれば引き寄せるほど、膝の高さがあがり下着が見えてしまう危険性が上がるからです。

できる限り足を伸ばした状態に近い形で、膝を曲げます。

そうすることにより布が体のラインにそって落ち着いてくれるので、下着が見えにくい形になります。

足を斜めにして倒す

それから、少し不格好にはなってしまいますが少しだけ横に足を倒すのも良い方法です。

椅子に座っているときに足を斜めにそろえるようなイメージで、体育座りの際も足を斜めにして倒すことで下着が見えづらくなります。

ただ、こうした足を斜めにする座り方は、自分の足の美しさを最大限に発揮できる座り方であるため、周囲からは「なんかプライドが高そう」といったふうに見られるデメリットも含んでいます。

足を大きく開いて座るのはNG

また、足を大きく開いて座るのは良くないです。

大股を開いて座るのは、自然体でナチュラルな印象ですが、マナーの面からもできるだけ足はそろえて綺麗に座りましょう。

 

最後に

 

体育座りは、学校などでは必ずといっていいほど徹底されています。

ではなぜ、こうも体育座りを徹底させるのか、それには「手遊びをさせないため」とか「他者の意見を聞きやすくなるため」など色々とあるようですが、一方で、こうした体育座りは「女子のスカート丈を短くさせない」という効果もあるように感じます。

学校などで体育座りを強要されることは、普段の生活にも影響を与え、無意識的に体育座りをしてしまいます。

従って、何かに夢中になっていたりすると「下着が見えている」といったことになります。

注意しましょう。

スポンサーリンク

関連コンテンツ

 - 恋愛・出会い